日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
TDMの基礎知識
専門用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME基礎知識・用語解説 > TDMの基礎知識
基礎知識・用語解説

TDMの基礎知識

 TDMとは治療効果や副作用に関する様々な因子をモニタリングしながらそれぞれの患者に個別化した薬物投与を行うことです。多くの場合、血中濃度が測定され、臨床所見と対比しながら投与計画が立てられます。薬物を投与する際には期待する効果とそうでない効果(副作用)が現れますが、それらが薬物の血中濃度と相関する場合に血中濃度を指標として投与法を決定するわけです。TDMが行われる薬物には一般的な指標として有効血中濃度が知られています。
 例えば抗MRSA薬である塩酸バンコマイシンではMRSAのMICが考慮され、最低血中濃度が5μg/mL以上であることが必要ですが、最低血中濃度が15〜20μg/mL以上になると腎機能障害などの副作用が生じやすくなるため、一般的には5〜15μg/mLが有効血中濃度とされています。しかし個々の患者における薬物への反応性が異なるため、治療評価項目である細菌培養や発熱、炎症所見、また、副作用の評価項目である腎機能などを観察しながら投与を行います。薬物投与の際に治療目標の指標となる観察項目をモニタリングパラメータと呼んでいます。PK-PDパラメータやバイオマーカーもTDMのモニタリングパラメータとして利用されるようになり、治療の個別化はより最適化されるようになりました。

(木村利美)
このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ