日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
大会案内
過去の大会
TDM学会セミナー
TDM関連集会
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME学術大会・イベント > 過去の大会
学術大会・イベント

過去の大会

日本TDM学会・学術大会記録(158KB)

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。

第33回日本TDM学会・学術大会

会長:藤村 昭夫
   (自治医科大学医学部 薬理学講座臨床薬理学部門 教授)
会期:2016年5月28日(土曜日)〜5月29日(日曜日)
会場:栃木県総合文化センター(宇都宮)
大会事務局
 自治医科大学臨床薬理学
 〒329-0498
 栃木県下野市薬師寺3311-1
 TEL:0285-58-7388
 FAX:0285-44-7562
 E-mail:tdm2016@jichi.ac.jp
 大会URL:http://www.mtoyou.jp/tdm33

盛会裡に終了しました。


第32回日本TDM学会・学術大会

会長:大森  栄
   (信州大学医学部附属病院 教授、薬剤部長)
会期:2015年5月23日(土曜日)〜24日(日曜日)
会場:キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
大会事務局
 信州大学医学部附属病院 薬剤部
 〒390-8621
 長野県松本市旭3-1-1
 TEL/FAX:0263-37-3021
 E-mail:tdm2015@shinshu-u.ac.jp
大会URLhttp://www.tdm2015.org/

盛会裡に終了しました。


第31回日本TDM学会・学術大会

会長:越前 宏俊
   (明治薬科大学 薬物治療学教授)
会期:2014年5月31日(土曜日)〜6月1日(日曜日)
会場:ソラシティカンファレンスセンター
学会運営事務局
 〒102-0083
 株式会社アイ・エス・エス内
 東京都千代田区麹町3-1-1 麹町311ビル9F
 TEL:03-3230-3591 FAX:03-3230-3725
大会URLhttp://tdm2014.com/

盛会裡に終了しました。


第30回日本TDM学会・学術大会

会長:平田 純生
   (熊本大学薬学部附属フロンティアセンター・臨床薬理学分野)
会期:2013年5月25日(土曜日)〜26日(日曜日)
会場:市民会館崇城大学ホール・熊本市国際交流会館
学会事務局
 熊本大学薬学部臨床病理学分野
 〒860-0973
 熊本市中央区大江本町5-1
 TEL/FAX:096-371-4856(直通)
学会運営事務局
 〒810-0072
 福岡市中央区長浜1-1-35 新KBCビル6F
 株式会社JTBビジネスサポート九州ICS営業部
 TEL:092-751-3244 FAX:092-751-3250
URLhttp://tdm30.umin.jp/index.html

盛会裡に終了しました。


第30回日本TDM学会・学術大会参加者の皆様へ

平成25年8月吉日

謹啓
 残暑の候、先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。2013年5月25、26日開催の第30回日本TDM学会学術大会に際しましては、多大なるご支援、ご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。
 この度は諸先生方のお力添えもあり、無事に大会を終了することが出来ました。目標にしておりました1,000名を超える方々にご参集いただき、どの会場も活気のあるディスカッションが行われました。第30回大会という節目にあたる本学術大会のために熊本県の総力を挙げて参加・協力していただいたスタッフの先生方のご尽力にも深く御礼申し上げます。
 プログラムに関しましては、最新情報を学ぶための4つのシンポジウム、新企画としてレベルの高い研究内容を集めたプレナリーセッションなどに趣向を凝らしました。またこれからTDMを始めようとする方のための「TDM解析ソフト体験教室」、初心者にもわかりやすい「TDMスキルアップセミナー」、同じ会場で一貫してさまざまなTDM対象薬について学べる「症例から学ぶ実践TDM」のシリーズなどの初心者〜初級者向け、または中級者の復習のためのプログラムを充実させました。いずれのセッションも盛況で、あらためてプログラム委員の先生方やオーガナイザー、座長、発表者の先生方に御礼申し上げます。一方、一部のセッションでは想定以上の入場者のため、立ち見になった等のご不便をおかけしましたことなど、不行き届きのところも多々あり、御不自由をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
 閉会の言葉でも申しましたが、何かが本学会の中で起きていることを感じました。いつも抗菌薬のセッションは満員であった本学会ですが、この大会を機にさらなる抗菌薬のTDMのスキルアップを目指すとともに、本学術大会のテーマである「TDM・新たなる挑戦」を目指して、様々な薬物のTDMにもチャレンジしていただければと思います。多くの薬物のTDMを経験することによって薬物動態の実践的な活用法の理解が深まり、TDM対象薬以外の薬物でも適正使用に貢献できるような個別化薬物療法の専門家を目指していただければと期待しています。
 最後に、多数のご参加、また、多大なるご協力をいただきました関係者の皆様に深く感謝し、心より御礼申し上げます。

謹白

第30回日本TDM学会学術大会会長
熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター・臨床薬理学分野 平田 純生


第29回日本TDM学会・学術大会

会長:竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学)
会期:2012年6月16日(土曜日)〜17日(日曜日)
会場:神戸国際会議場
 〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1
 TEL:078-302-5200 FAX:078-302-6485
学会事務局
 兵庫医科大学 感染制御学
 〒663-8501 西宮市武庫川町1-1
 TEL:0798-45-6860 FAX:0798-45-6873
プログラムhttp://www.med-gakkai.org/tdm2012/pro/
URLhttp://www.med-gakkai.org/tdm2012/

盛会裡に終了しました。


第29回日本TDM学会・学術大会参加者の皆様へ

平成24年7月16日

謹啓 向暑の候、先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、この度は諸先生方のお力添えもあり、無事に第29回学術大会を終了することが出来ました。予想を上回る1550名の参加をいただき、どの会場も活気のあるディスカッションが行われ、この学術大会のために誠心誠意準備してきたことが報われたようで、主催者として参加の皆さまには大変感謝しております。
 企画に関しては、抗菌薬以外の領域は何もわかりませんので、全てプログラム委員の先生方にお願い致しました。それらのセッションも盛況で、あらためてプログラム委員や司会、発表者の皆さまに御礼申し上げます。
 なにぶん私自身TDM学会の会員歴は短く、不行き届きのところも多々あったと存じますが、スタッフは一生懸命やってくれましたので、それに免じて何卒ご容赦ください。閉会の言葉でも申しましたが、何かが本学会や薬剤師の中で起きていることを感じました。本学術大会が今回のテーマである、「TDM標準化」の出発点になればと期待しています。最後に、今後益々本学会が発展することを祈念して御礼の言葉とさせていただきます。

謹白

第29回日本TDM学会学術大会会長
兵庫医科大学感染制御学
竹末 芳生


第28回日本TDM学会・学術大会

会長:木平 健治(広島大学病院薬剤部)
会期:2011年6月18日(土曜日)〜19日(日曜日)
会場:広島国際会議場
 〒734-0811 広島市中区中島町1-5 平和記念公園内
事務局
 広島大学病院 薬剤部 木村 康浩
 〒734-8551 広島市南区霞1-2-3
 TEL:082-257-5574 FAX:082-257-5598
URLhttp://tdm2011.umin.jp/

盛会裡に終了しました。


第28回日本TDM学会・学術大会参加者の皆様へ

平成23年7月吉日

謹啓
 盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。2011年6月18日、19日開催の第28回日本TDM学会学術大会に際しましては、多大なるご支援ご厚情を賜り心より御礼申し上げます。
 おかげをもちまして、大会事務局の事前の予想をはるかに上回る1008人のご参加をいただき大盛会のうちに閉会致しました。今回、「チーム医療を支えるTDM」とメインテーマを掲げさせて頂きましたが、TDMは医薬品の適正使用を支えるために必要不可欠であること、またそれには様々な医療従事者の関与なしには成立しないこと、が多くの方に認識された結果、このような多くの御参加を頂いたものと確信しております。また、事前登録442名、当日登録566名、そして総参加者の3分の2にあたる663名が非会員であり、学会外の方におかれましても興味を持たれ、必要性を感じておられることを物語っているものと思います。
 また、「初心者セミナー」並びにこれに連動させた特別講演である「中小病院でのTDM実習での取り組み」では会場内は満員の盛況でありました。これは、長期実務実習におけるTDM実習のあり方、進め方に関する関心の高さを物語ると同時に、学会としてもTDM実習の道標を示す必要性を示唆するものと考えます。 
 一方、想定外の参加者数のため、一部のセッションでは想定以上の参加者数のため、会場に入りきれなかったり、立ち見となったり等のご不便をおかけしましたこと、また、参加証が一時的に不足するなど、様々な場面にて御面倒、御不自由をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
 最後に、参加者の皆様にお礼申し上げますとともに、日本TDM学会が「患者の個別化投薬の方法論」を担う学会として、また今後は、モニタリングからマネジメントという観点、および、教育という大きな柱を加え、本学会が一層発展し社会への貢献を果たされることを祈念し、御礼の言葉とさせて頂きます。

謹白

第28回日本TDM学会・学術大会
大会長(広島大学病院薬剤部)
木平 健治


第27回日本TDM学会・学術大会

会長:野村 憲和(北海道薬科大学 病態科学分野)
会期:2010年6月26日(土曜日)〜27日(日曜日)
会場:札幌サンプラザ
 〒001-0024 札幌市北区北24条西5丁目
事務局
 北海道薬科大学 病態科学分野 藤本 哲也
 〒047-0264 北海道小樽市桂岡町7-1
 TEL:0134-62-1912 FAX:0134-62-5161
URLhttp://tdm2010.umin.jp/

盛会裡に終了しました。


第26回日本TDM学会・学術大会

会長:上野 和行(新潟薬科大学薬学部薬物動態学研究室)
会期:2009年6月13日(土曜日)〜14日(日曜日)
会場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
 〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号
事務局
 新潟薬科大学薬学部薬物動態学研究室 準備委員長 福本 恭子
 〒956-8603 新潟市秋葉区東島265-1
 TEL:0250-25-5279 FAX:0250-25-5278
URLhttp://tdm2009.umin.jp/

盛会裡に終了しました。


第25回日本TDM学会・学術大会

会長:戸塚 恭一(東京女子医科大学感染対策部感染症科)
会期:2008年6月21日(土曜日)〜22日(日曜日)
会場:タワーホール船堀
 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1
事務局:東京女子医科大学病院薬剤部 木村 利美
 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
 TEL:03-3353-8112(29505) FAX:03-5269-9154
URLhttp://tdm2008.umin.jp/

盛会裡に終了しました。


第24回日本TDM学会・学術大会

会長:宮本謙一(金沢大学医学部附属病院 薬剤部)
会期:2007年7月28日(土曜日)〜29日(日曜日)
会場:金沢市文化ホール
事務局
金沢大学医学部附属病院 薬剤部
〒920-8641 金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2047 FAX:076-234-4280

盛会裡に終了しました。


第23回日本TDM学会・学術大会

会長:谷川原祐介(慶應義塾大学医学部教授・薬剤部長)
会期:2006年7月16日(日曜日)〜17日(月曜日)
会場
慶應義塾大学三田キャンパス
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
TEL:03-3453-4511

盛会裡に終了しました。


第23回日本TDM学会学術大会参加者の皆様へ

平成18年7月吉日

謹啓

 盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
2006年7月16日(日曜日)、17日(祝日)開催の第23回日本TDM学会学術大会に際しましては、多大なるご支援ご厚情を賜り心より御礼申し上げます。
 おかげをもちまして、大会事務局の事前の予想をはるかに上回る1106人のご参加をいただき大盛会のうちに閉会致しました。この数値は、従来300〜500人規模の日本TDM学会としては空前の記録と言えます。
 今大会では、本学会の中心メンバーである医療関係者のさらなる参加を奨励することに加え、製薬企業内研究者・薬科大学教員・大学院学生という新たな層にも参加いただき、本学会のすそ野を広げ多方面の交流を深めることを目指して企画しました。メインテーマに掲げた「PK/PDとバイオマーカー」に対する反響の大きさ、各界第一人者の先生方に特別講演・教育講演・シンポジウムをお引受けいただいたこと、そして連休2日間にもかかわらず会場に足を運んでいただいた参加者の皆様方のご支援により、大盛会を達成できたものと考えています。事前登録537名、当日登録569名、そして総参加者数の約70%にあたる743名が非会員であったことが、新たな層をとらえたことを物語っています。
 一方で、想定以上の参加者数のため、会場に入りきれなかったり、立ち見となったり等のご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。会場が大学キャンパスということもあり、何かと不行届な点がありましたが、教室での発表は演者と聴講者との距離感が縮まり活発なディスカッションを誘う上で有効であったようです。また、教育講演会場はいずれも超満員の盛況であり、学会として継続的に教育セッションを企画していく必要性も強く印象づけられました。
 学会期間中を通じて、「PK/PDとバイオマーカー」に対する各方面からの期待と注目度の高さを肌で感じ、今後の日本TDM学会の方向性を明確に指し示すことができたと考えております。
 今後も日本TDM学会は「個別化投薬の方法論」を担う学会として発展し社会貢献をめざしてまいります。皆様におかれましては、さらなるご支援をよろしくお願い申し上げます。

謹白

第23回日本TDM学会学術大会
会長 谷川原祐介
(日本TDM学会理事長)

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ