日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
大会案内
TDM学会セミナー
TDM関連集会
終了した関連集会
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME学術大会・イベント終了した関連集会 > 関東・甲信越:第49回 薬物治療モニタリング研究会 特別ゼミナールご案内
学術大会・イベント

TDM関連集会

関東・甲信越

第49回 薬物治療モニタリング研究会 特別ゼミナールご案内

 薬物治療モニタリング研究会では、下記の要領で第49回特別ゼミナールを開催する事となりましたのでお知らせします。
 今回の特別ゼミナールでは「薬物投与設計の実際」をテーマとしたスモールグループディスカッション(SGD)による症例検討ワークショップを行います。実際の臨床現場に即した異なる二つのアプローチを研修できる内容としました。一日目はコンピュータ(PC)を使えない状況での投与法の検討を行い、各投与法をPCを用いて検証します。二日目は、PCを活用したベイジアン法による投与設計を検討します。

テーマ:『TDM症例検討ワークショップ:薬物投与設計の実際』

日時:1日目 平成23年1月22日(土曜日)9時〜17時10分
   2日目 平成23年1月23日(日曜日)9時〜17時10分
場所:北里大学薬学部1号館5階

詳細は、研究会ホームページでご確認下さい。URL:http://www.rgtdm.org/

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ