日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
大会案内
TDM学会セミナー
TDM関連集会
終了した関連集会
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME学術大会・イベント終了した関連集会 > 関東・甲信越:第48回 薬物治療モニタリング研究会 特別ゼミナールご案内
学術大会・イベント

TDM関連集会

関東・甲信越

第48回 薬物治療モニタリング研究会 特別ゼミナールご案内

実行委員長 篠崎 公一、実行副委員長 渋谷 正則

 盛夏の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 この度、下記の要領にて特別ゼミを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。本特別ゼミナールは2コース同時開講・コース選択制となっております。2日間10コマのTDMの基礎知識を学ぶ基礎コースと、初日全日開講の「症例をもとに薬物動態パラメータと生理的因子の関係」を学ぶ応用コース[I]、2日目全日開講の「薬物治療の基礎となる薬物動態と薬効の関係」を学ぶ応用コース[II]の3コースを企画しました。
 基礎コースでは、昨年3月に出版された「薬物動態学と薬力学の臨床応用;TDMの正しい理解のために(メディカル・サイエンス・インターナショナル)」の翻訳者、監訳者ならびに当該分野の専門家を講師に迎えて、各章の内容を中心にわが国での応用を目的とした解説講義を行います。基礎コースをはじめ他のコースでも参考図書として使用しますので、ぜひ本書をご持参下さい。
 今回特別ゼミナールでは応用コースの内容を刷新し、応用コース[I]では症例を中心に薬物動態パラメータと生理的因子の関わりおよび病態等の変化と薬物濃度(総濃度と遊離型濃度)推移予測から投与設計への応用を解説します。応用コース[II]では薬物動態と薬効の関係、PK-PD解析の基礎を学び、PCを用いたPK-PDモデルから薬効の時間推移をシミュレーションし理解を深めるための講義を予定しています。
 これからTDMを始める方、更なるレベルアップを目指す方など多くの皆様のご参加をお待ちしております。ご多用のこととは存じますがぜひご参加をご検討下さいますようご案内します。

日時
平成22年9月4日(土曜日)9時10分〜17時15分
    9月5日(日曜日)9時15分〜17時15分

場所:北里大学薬学部(〒108-8641 東京都港区白金5-9-1)

詳細http://www.rgtdm.org/特別ゼミナール/

定員:両日とも各コース50名(先着順)

申し込み方法
申し込みフォーム(http://www.rgtdm.org/特別ゼミナール/からダウンロード)に必要事項を記載し、電子メールに添付して下記アドレスにお送り下さい。
E-mail:info@rgtdm.org

申し込み締め切り
平成22年8月31日(火曜日)(ただし定員になり次第締め切らせていただきます)

問合せ・連絡先
薬物治療モニタリン研究会ホームページ内の問合せページからお願いします。
ホームページアドレス: http://www.rgtdm.org/

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ