日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
フリーソフト
製薬企業提供ソフト
市販ソフト
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOMEソフトウェアの紹介 > 市販ソフト
ソフトウェアの紹介

市販されている薬物動態解析ソフト

NONMEM

http://www.globomaxnm.com/nonmem.htm

 NONMEMはカリフォルニア大学サンフランシスコ校のthe NONMEM Projectが開発した解析ソフトで、非線形混合効果モデル(Nonlinear Mixed Effect Model)のパラメータを統計学的な回帰型の解析により推定するものである。今日普及してきた母集団薬物動態解析に特に向いており、むしろ、このソフトと種々の解析技法の発達により、母集団薬物動態解析や母集団PK-PD解析が普及してきたといえる。
 現在では、GloboMax(ICON Development Solutions)が取り扱っており、NONMEMのWeb siteではソフトのメンテナンス、使い方のヒント(tips)や技術サポート情報を提供している。また、 NONMEMを用いた解析をより効率的に行うソフト(PDx-Pop)も販売している。
 NONMEMはFORTRAN言語で書かれており、現在はFORTRAN90/95に対応したソースコードで配布されている。そのため、FORTRAN90/95のコンパイラが使用できるOS環境下で使用することができる。NONMEMは1)NONMEM本体、2)種々の解析モデルが組み込まれたサブルーチン群のPREDPP、及び3)NONMEM解析のプログラムやデータ入力を簡便にするためのユーザーインターフェースとなるNMTRANの3つの異なる機能をもつ部分から成る。
料金体系:年間ライセンス料($)(非営利組織料金あり)
国内に代理店はなく、購入方法はGloboMax(http://www.globomaxnm.com/nonmem.htm)を参照。

[NONMEM関連情報]

  • NONMEM Users Network
    NONMEMユーザーのメーリングリストがあり、活発な議論が交わされており、初心者の質問や疑問にも答えてくれる。
    登録方法:nmusers-request@globomaxnm.comへ件名に“Subscribe”を入れたメールを送る。
  • NONMEMを用いた解析をより効率的に行うツールのひとつにWings for NONMEM (WFN)があり、公開されている。
    WFNのURL:http://wfn.sourceforge.net/

Phoenix® WinNonlinTM

http://www.pharsight.com/products/prod_winnonlin_home.php

 WinNonlinはPK、PDあるいはPK-PDモデル解析ソフトとして企業では標準的に用いられており、非線形モデル解析の代表的なソフトである。回帰型のモデル解析の他、non-compartment解析(NCA)による薬物動態パラメータの算出にも用いられる。母集団PK解析に用いられるNONMEMとは異なり、個体毎の解析や平均値を用いた解析に使用される。データはスプレッドシートの形式で入力するため、表計算ソフトとの連携が容易で、また効率的である。限られた範囲であるが統計解析の機能もあり、生物学的同等性試験のデータ解析を行うことができる。
販売元はPharsight(http://www.pharsight.com/products/prod_winnonlin_home.php)で、国内ではサターラ合同会社(http://www.certara.co.jp/)が代理店となっている。
 サターラ合同会社ではユーザー向けのトレーニングスクールをおよび専門家養成のためのPharsight Universityを開催しており、サターラ合同会社のHPにリンクが掲載される。
料金体系:年間ライセンス料(\)詳細はサターラ合同会社へ

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ