日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME過去のお知らせ一覧 > TDMガイドラインパブリックコメント募集
過去のお知らせ

パブリックコメント募集

「抗菌薬TDMガイドラインドラフト版」
「抗てんかん薬WG最終報告(案)Ver.1.1・薬物動態値一覧表」
(2012年4月20日 掲載)
(2012年6月25日 再掲)

 下記の日本TDM学会TDMガイドラインPDFをご覧の上ご意見をお寄せください。なお、コメントおよび情報・意見の投稿は日本TDM学会会員に限ります。

 日本TDM学会TDMガイドライン策定委員会は、抗菌薬領域のワーキンググループが日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会と共同で「抗菌薬TDMガイドラインドラフト版」を作成し、抗てんかん薬領域ワークキンググループが関連4学会の専門家に内容を確認していただき「抗てんかん薬WG最終報告(案)Ver.1.1および薬物動態値一覧表」を作成しましたので、パブリックコメントを広く求めることと致しました(募集期限:平成24年5月31日正午)。
 抗菌薬領域では勧告の要点を箇条書きにしたexecutive summaryについて、抗てんかん薬領域では最終報告(案)についてパブリックコメントを求めます。
 多くの医師、薬剤師にこのガイドラインを活用していただくことにより、TDMの"標準化"が日本において実現できることが期待されます。皆さまのご意見を取り入れて、より良いものにしたいと考えていますので、多くのパブリックコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。
 なお、TDM学会では、後日、免疫抑制薬領域およびジゴキシンTDMガイドラインドラフト版についてパブリックコメントを募集する予定です。

日本TDM学会TDM標準化ガイドライン策定委員会
オーガナイザー 谷川原祐介
抗菌薬領域 委員長 木村 利美
抗てんかん薬領域 委員長 猪爪 信夫

PDFファイルダウンロード

意見募集期間

平成24年5月31日(木曜日)正午まで(抗菌薬)
平成24年6月30日(土曜日)まで(抗てんかん薬)
(以後メールの送信はご遠慮下さい)

意見・情報の提出方法

電子メールでお送りください。
領域毎に送り先が異なりますのでご注意下さい。
 抗菌薬領域:t.kimura@pha.twmu.ac.jp(委員長 木村 利美)
 抗てんかん薬領域:pc_aeds@hokuyakudai.ac.jp(委員長 猪爪 信夫)
メールには、氏名と会員番号を明記するとともに、コメントまたは意見・情報およびその該当箇所のページと行を併記して下さい。
なお、迷惑メール防止のためメールアドレスを図として掲載しています。本ページをご参照のうえメールアドレスを正確に入力して送信して下さい。

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ