日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME過去のお知らせ一覧 > 「国際TDM会議」派遣賞(海老原賞)のお知らせ
過去のお知らせ

「国際TDM会議」派遣賞(海老原賞)のお知らせ

 「第12回国際TDM会議(12th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology)」が、2011年10月2日から6日まで、ドイツのシュトゥットガルトで開催されます(http://www.iatdmct2011.de)。
 日本TDM学会は、2年ごとに開催される国際TDM会議で発表する正会員(一般会員、学生会員)を支援する目的で、「国際TDM会議」派遣賞(海老原賞)を設け、旅費等の一部を助成しています。助成を希望する会員は、以下に示す方法に従い応募してください。
 選考委員会にて、優れた演題を選択し、受賞者を決定、受賞者に対して賞状と賞金を授与します。なお、受賞者は2011年10月末までに、学会参加記もしくはこれに準じる原稿の投稿が義務付けられます。詳しくは、「国際TDM会議」派遣賞(海老原賞)選考内規を参照してください。
 奮っての応募をお待ちしています。

応募方法

 「第12回国際TDM会議」一般演題の応募要旨(オンライン投稿したアブストラクト)のコピーおよび履歴書(書式は問いませんが、所属、連絡先(住所、電話番号、e-mailアドレス)を必ず記してください)を以下まで郵送ください。なお、選考内規にある演題採択証明書は応募時には不要ですが、国際TDM会議事務局から採択結果が届き次第、下記まで写しを送ってください。会員歴は事務局で確認します。

〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学研究推進部産学官連携センター
樋口  駿 宛

なお、締切りは、2011年4月22日(金曜日)(当日消印有効)です。

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ