日本TDM学会
ホーム
学会概要
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME過去のお知らせ一覧 > 理事長挨拶
過去のお知らせ

理事長挨拶

日本TDM学会理事長 谷川原祐介

日本TDM学会理事長 谷川原祐介
(慶應義塾大学医学部教授・大学病院薬剤部長)

 日本TDM学会員の先生方におかれましては、診療・業務・教育・研究等にご活躍のことと存じます。日頃の本学会へのご支援に心より感謝申し上げます。
 本学会は、TDMについて広く研究および討議し医療に貢献することを目的としています。すなわち、個別化投薬の方法論を研究し且つそれを普及させることによって、薬物治療の臨床有効性並びに安全性の向上をめざします。学問的のみならず社会的にも重要な任務を担う本学会のさらなる発展の礎を整備するために、私は下記の3点を強化したいと考えます。
 第一は、対象研究領域の再定義です。本学会は従来血中薬物濃度を指標とした個別化投薬を先導してきましたが、一方で、ゲノム医学の進展はめざましくオーダーメイド医療の実践は国民一般からの社会的要請となりつつあります。そこで、今後は“個別化投薬”をキーワードに、血中薬物濃度に加えて遺伝子、蛋白質、代謝物質など薬効のバイオマーカー研究全般に関する議論の場と位置付けたいと考えます。
 第二は、学会構成員の多様化です。本学会設立当初は、臨床医・薬剤師・検査技師という異なる職種が集まって情報や意見を交換する場でしたが、今や参加者・発表者の大部分が病院薬剤師並びに薬系大学関係者に限られています。個別化投薬技術の臨床応用を議論する場としては、薬剤師に加えて臨床医の参加が不可欠であり、同時に基礎の薬物動態研究者や分析技術者の参画も必要です。各方面に働きかけ、専門は異なるが志を同じくする人々の交流の場となるよう努力したいと考えます。
 第三は、社会への貢献です。学会のすそ野を広げ、将来TDMを担う人材を育成するために、若手や大学院学生に対する教育・啓蒙活動を活性化する必要があります。同時に、特定薬剤治療管理料適用拡大に向けての臨床エビデンスの蓄積と理論武装を図ることが重要です。優れた投薬管理の方法論を見出すことができれば、研究報告に留まらず、保険適用に向けて働きかけることが学会としての務めであり社会への貢献と言えます。
 本ホームページは、学会員の皆さまへの情報提供機能に加えて、広く社会に対する情報発信手段として整備致しました。今後も、有用な情報の掲載を続けていく所存ですので是非ともご利用ください。日本TDM学会の発展に向け、何とぞ宜しくご支援賜りますようお願い申し上げます。

2006年4月
このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ