日本TDM学会
ホーム
学会概要
理事長挨拶
主な活動内容
役員名簿
事業資料
定款および諸規定
定款
会費規定
会長選出規定
評議員選出規定
「TDM研究」優秀論文賞(大日本住友製薬賞)選考規定
「IATDMCT学術大会」派遣賞(海老原賞)選考規定
利益相反マネジメント
入会案内・変更手続き
賛助会員の名簿
賛助会員申込
問い合わせ先
日本TDM学会歴代理事長一覧
日本TDM学会都道府県別会員数
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME学会概要 > 「IATDMCT学術大会」派遣賞(海老原賞)選考規定
学術大会・イベント

「IATDMCT学術大会」派遣賞(海老原賞)選考規定

第1条
目的
TDMの発展のため「IATDMCT学術大会(International Congress of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology)」派遣賞(海老原賞)を設ける。
第2条
対象
「ITDMCT学術大会」の一般演題に発表確定の筆頭演者とする。ただし、対象者は一般会員または学生会員であること。
第3条
選考委員会
次の者により優秀論文賞等選考委員会を組織する。
1.委員長
2.国際委員会委員
3.委員長が委嘱した委員若干名
第4条
募集方法
1.「IATDMCT学術大会」一般演題の発表要旨(英語)コピー、演題採択証明書、履歴書および会員歴を添付して選考委員長宛に送る(期日は「TDM研究」に掲載される)。
2.派遣後、「IATDMCT学術大会」参加印象記を「TDM研究」に投稿しなければならない。
第5条
選考方法
優秀論文賞等選考委員会にて選考する。受賞者は一派遣2名以内とする。
第6条
受賞
賞状ならびに賞金を学術大会において授与する。賞金総額は一派遣20万円以内とする。
第7条
基金
海老原昭夫前会員よりの寄付金を基金とし、その他寄付金を受け付ける。基金の管理運用は副理事長が行う。
第8条
この規定は理事会の議を経て改定することができる。

(2016年5日28日制定)
(2016年10日23日改定)

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ