日本TDM学会
ホーム
学会概要
理事長挨拶
主な活動内容
役員名簿
事業資料
定款および諸規定
入会案内・変更手続き
賛助会員の名簿
賛助会員申込
問い合わせ先
日本TDM学会歴代理事長一覧
日本TDM学会都道府県別会員数
学術大会・イベント
学会誌
ガイドライン
ソフトウェアの紹介
基礎知識・用語解説
リンク集
「TDM研究」電子投稿について
HOME学会概要 > 理事長挨拶
学会概要

理事長挨拶

日本TDM学会理事長 上野 和行

日本TDM学会理事長 上野 和行
(新潟薬科大学薬学部薬物動態学研究室教授)

 日本TDM学会は、TDM(Therapeutic Drug Monitoring)の専門学会として設立され、科学的基盤に立脚し、薬物治療における個別化投薬の方法論を研究し、それを普及させることにより、薬物治療の有用性および安全性の向上を目指しています。これは学問的に重要なことであり、かつ社会的にも重要な任務であります。
 患者個々の背景や薬物の物性などの違いにより、薬物の個体間および個体内変動が大きく、また治療域の狭い薬物は薬物治療における個別化投薬が難しいことが知られています。しかし近年分子生物学の発展に伴い、薬物の体内動態が理論的に予測できるようになってきました。薬物動態理論の臨床への展開のツールとしてTDMは非常に有用です。本学会の取り組みのひとつとして、学術大会あるいはセミナーなどの開催を通じてTDMに関する研究発表の場を提供し、薬物治療における個別化投薬のための戦略はいかにあるべきかといった課題に対して、具体的な指針を示すべく取り組んでいきます。
 TDMの指標には血中薬物濃度だけでなく、色々な指標があります。そのため臨床医・薬剤師・臨床検査技師・看護師などの職種が集まって、患者を中心としたチームとしての情報や意見などの交換が必要です。また薬物動態研究者や分析技術者、あるいは企業の方々の参画も必要です。本学会では各方面に働きかけ、多くの職種の交流の場となるように努めたいと考えています。
 薬物治療における個別化投薬、すなわち医薬品の適正使用に対して、TDMの展開は社会からの要望であると考えます。そのためには教育・啓蒙活動が非常に重要です。すなわち人材育成が重要であり、本学会として、現在臨床でTDMを担っている方々だけでなく、これからTDMを推進しようとしている方々や、大学でのTDM教育を担っている方々に対して支援し、その活性化にむけて努力したいと思います。その取り組みの一つとして推進するのはTDMの標準化であり、標準化を通じた医薬品適正使用のためのガイドライン作成とその展開を計りたいと思っております。また特定薬剤治療管理料の適応拡大に向けての臨床エビデンスの蓄積も重要であります。これらは学会としての勤めでもあり、社会貢献といえます。医薬品適正使用のためのTDMに関する基礎研究者や臨床研究者の育成、TDM関連の情報発信を学会として続けてまいります所存です。関係各位には本学会の発展に向けて一層のご指導、ご鞭撻を賜わりたく存じます。

 何卒ご支援賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

2012年2月

このページのトップへ
Copyright © The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring サイトポリシー サイトマップ